一昔前では、作り立てのご飯やおかずなどに比べると、やはり味や風味が落ちてしまっていると感じざるを得なかった冷凍食品。なにげなく買ってあった冷凍食品を電子レジで調理し、それを口にした際に、思わぬ衝撃が走ったとのことだったようです。ニチレイの「本格炒めチャーハン」という商品は、絶妙でしっかりとした味付けがされており、具の肉はもちろんご飯も、もちもちとした食感で、冷凍食品とは思えないほど美味しかったということだったようでした。

冷凍食品の技術の進歩から、手軽に本格的な美味しい味のご飯が食べれるようになっていたなんて、驚きですね。