いかがでしたでしょうか?バラといえば、情熱や美貌などの印象が強いと思いますが、それは「赤いバラ」の花言葉だったようです。その他の色のバラにはそれぞれ個性があることがわかりますよね。

愛など気持ちを表現したものが多いのですが、バラの色ごとの花言葉を覚えておけば、プレゼントする時にも役立ちますし、イラストを描いているという人は、そういったニュアンスをもたせたバラを描くこともできます。さらに、話のネタにもなりますし、覚えておくだけで得ですよね。