私たちは普通、健康な体を持っていますので、このような経験をすることは少ないとは思いますが、不幸な事故や病気によって、腕や足などを失われてしまった人もいます。
実際に経験したわけではないので感覚はわかりませんが、テレビなどの情報によると、人間の脳が錯覚を起こしてないはずの腕や足がかゆくなったり、痛くなったりすることがあるようです。

以前に何かのドラマで事故にあった少年が、右腕を失うということがあり、麻酔から目覚めた少年が錯覚を起こして、右腕がかゆいと言って、周りにいた家族がギョッとするというシーンを思い出しました。
手足を失っても、そのような感覚があったら余計に手足を失ったということを受け止めるのはきついでしょうね。
案外、人間の体も残酷にできているのですね。