話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

大批判の嵐!? 実写映画『鋼の錬金術師』が酷すぎて大号泣!!

アニメ作品や漫画作品の実写化など、近年ではよくみられるようになりました。2次元の作品であること、また人気作品になることでキャラクターに愛着があるファンが多くなり、実写映画と原作の違いを受け止められないという場合もあります。漫画作品から実写映画化したあの作品について、批判が集まっているようです。

鋼の錬金術師

ポテチのアイコン
ポテチ
@l_q6fj

ハガレンの感想、原作ファンみんな大批判大号泣でわろた

#鋼の錬金術師 #ハガレン感想

00時06分 2017年11月16日

実写映画への反応

漫画・アニメ『鋼の錬金術師』は、荒川弘さんによって書かれた少年漫画で、月刊漫画雑誌『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)にて、2001年8月号から2010年7月号まで連載された人気作品です。漫画を原作にしたアニメ―ションも放送されていました。そんな人気作品を実写化した映画を観た感想が、「原作ファンは見ないほうが吉」「あまりのクソ映画すぎて大号泣」など、散々な評価だったようです。

漫画やアニメに思い入れがある場合、実写映画での表現やキャラクター描写の違いが大きすぎると、受け止められない場合もあるかもしれませんね。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード