傷つきやすいが、修復もしやすい「布類タイプ」、一度強く入ったシワや跡は当分消えることがない「紙類タイプ」、繋ぎ合わせられるものがあれば手間をかければ綺麗に治るが、粉々になれば一から作らなくてはいけない「金属、木類タイプ」、一度崩れ始めたら以前のようには戻せない「砂類タイプ」の4種類に分けられています。いずれも、それぞれの素材の特性から、心の動きを反映させたものとなっているようです。

皆さんは4つのタイプのうち、どのタイプでしたか??お友達や家族と話してみると、知らなかった心の繊細さなどが分かるかもしれませんね。