何故こんな場所に巨大な立て板が?と一瞬脳が混乱しますね。背景の雲一つない青空のせいで合成写真のようにも見えます。上に乗っかってる丸い建物は立体的に見えるので余計に混乱しますね。
こちらは青森県青森市に実在する「青い海公園クリニック」という病院の建物で、長方体を斜めに切った形をしています。それを特定のこの角度で見ると板にしか見えない訳です。実物を見ないとコラ画像だなと疑ってしまうレベルですね。

人間の目はどんなカメラレンズよりも優秀だと言われますが、目で見た情報を脳が判断すると目の錯覚を起こすのですね。