画像は上海で開催中の"MUSIC CHINA"のイベントで、世界中の音響機材会社の最新の楽器や機材を体験することができます。
キーボードで操作する様なものはゲームセンターに行けばよくありますが、これは本物のアコースティックピアノの譜面を置く場所がディスプレイになっているんですね。譜面をめくらなくてもいいですし、わざわざ買わなくてもYouTubeなどでダウンロードして取り込むことができる様です。また自分が弾いたものも即ディスプレイに譜面にしてくれるので作曲なども捗りそうですね。

また鍵盤でリズムゲームの様に遊ぶことも出来るそうで子供の入門用としても最適なのではないでしょうか。もしかしたらピアノ教室などは将来はこんなピアノがスタンダードになる日が来るかもしれませんね。