私も恥ずかしながら、このニュースを見て子供用の車いすが存在していることを知りました。確かに病院は患者数が多く、ベビーカーを畳んでくださいという指示を出している所もあるようです。しかし、残念ながら福祉にあまり関心のない日本は、この車いすの存在すら知らない方もいるかもしれません。
少しの情報でも構わないので、私たちは「福祉」について関心を持つべきであり、すぐに文句や批判をいうのではなく知識を深めていくことが大切だと言えるでしょう。