母親の気分で心ない言葉を浴びせかけられたり、罵倒されたりすると言うのは辛すぎます。
「またか」と思えるほど冷静な対応ができるようになっているもちぎさんにも心が苦しめられます。
まだ中学生なのに、こんな風な対応ができるようになるものなのでしょうか。

しかし、「被害者たち」とされたこちらの漫画。
お母さんもまた被害者なんだなと考えさせられます。
何が悪くて、何が正しいのかは人それぞれですが、もちぎさんのようにこんな風になってしまったお母さんの事を受け入れたり許せたり理解したりできる、広い心を持ちたいです。
ですが、人を傷つけるのは誰にも許されることではないと言うことは覚えておきたいです。