父親の過保護(?)のせいで娘は一生結婚できない運命をたどってしまうのでしょうか?彼氏さんの人となりで結婚を許すかどうか決めるべきだと思うのですが、そんなものはお構いなしに「結婚はまだ早い!」的な感じなのでしょうか?

ずっと可愛がってきた娘をどこの馬の骨かもわからん男に持ってかれるのは、自分の財産を奪われるのと同じくらい手放したくないという思いがあるのかもしれませんが、そこはやっぱり娘さんの意思を尊重するべきだと思います。