校則でカードゲームを持ってきてはいけないけどどうしても友達とカードゲームをしたかった少年はどうしたかというと、なんとカードの代わりに百人一首を使って遊んでいるそうです。

きちんと細かいルールを自分たちで考えて遊んでいるそうで、その内容も面白すぎます。
「男の貴族は攻撃カード」
「女の貴族は守備カードで髪が長いほど守備力が高い」
「僧侶はマジックカード」
「上下の句を丸々営内と発動しない」
など、百人一首の内容の勉強にもないっていてとても素晴らしい遊び方ですね。

こんな楽しい遊びをしながら百人一首を憶えられるので全国の学生の間で流行ってほしいですね。