コオロギの鳴き声で気温が分かるなんて、思ってもいませんでした。面白いですね。

これはもともとアメリカの物理学者/発明家である Amos Dolbearによって考察されたものだそうです。そのためDolbear's Lawと呼ばれています。アメリカでは温度を華氏( ℉)で現わしますが、この画像では摂氏(°C) に変換しているようです。

「コオロギの鳴く時間がほぼ気温だけで決まっているとは驚きだ」「コオロギが気温決めてるんじゃないですか?」「つまりコオロギの鳴きを抑制したり促したりすれば安定した気候に...!?」などの意見が寄せられています。コオロギっていったい何なの⁉と思ってしまいました。