話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

男と女の価値観の違いとは。「愚痴を聞いてくれない彼氏・夫」「愚痴をちゃんと聞いてるのに、聞いてない!と怒る彼女・妻」

「女性がする愚痴と男性の愚痴には違いがある」と漫画で解りやすくツイートされています。ツイート主さん「女の人の愚痴はカラオケ感覚で聞くのがちょうど良いのかも」と言われていますが、女性の愚痴を真剣に聞いているのに何故女性が不満を感じてしまうのかが漫画を読むと納得出来るかと思います。

愚痴

描き子のアイコン
描き子
@kaqico

「愚痴を聞いてくれない彼氏・夫」「愚痴をちゃんと聞いてるのに、聞いてない!と怒る彼女・妻」には、こういうことが起きてるんでは?という漫画です。
価値観の違いが邪魔をして、うまく優しさが伝わらない事って結構ありますよね。

男と女の価値観の違いとは。「愚痴を聞いてくれない彼氏・夫」「愚痴をちゃんと聞いてるのに、聞いてない!と怒る彼女・妻」

男と女の価値観の違いとは。「愚痴を聞いてくれない彼氏・夫」「愚痴をちゃんと聞いてるのに、聞いてない!と怒る彼女・妻」

男と女の価値観の違いとは。「愚痴を聞いてくれない彼氏・夫」「愚痴をちゃんと聞いてるのに、聞いてない!と怒る彼女・妻」

男性への反応

プライム @pP8dXSHexLlBoEL

このまとめ漫画は以下の点で素晴らしい。 ・男女の価値観の違いは、脳ミソや古来の本能という先天的要因だけでなく、育ちや環境という後天的要因も影響していることを言及している →実際、最近はカラオケ男子、SOS 女子が増えている印象はある

まんぐりプー子 @koisurumanyoshu

これ昔からずーっと言われてることじゃん みんな分かりきってる

ゑぬ @eggplant_0

これですね

女性は未婚でも毎日楽しく暮らせる理由がこちら‼

筆ぺん@LINEスタンプ発売中 @uEtf8ypveddFnD8

「相槌で盛り上げつつとにかく最後まで話させて」はほんと的確な表現ですね(笑)

かすたどん@マビやりたいお針子アスカ @sudoh_aska

これ分かる どちらかと言うと自分が男性的で解決策を出すタイプで毎回女友達や知人が機嫌悪くなるんだよねー まぁダンナとは思考が近いから夫婦での話がうまくいくわけですが たまに悩みに対する解決策が違ってガチバトルになるけどなwww

Eiki @konomino_eiki

…そうだったのか

星瑚★星紙座 @seiko_note

自分は愚痴るときは合いの手を求めてる気がするけど愚痴の聞き役になると解決策を出してる気がする。男脳が発動してるんだな。友人のときは気をつけよう。。>カラオケなのかSOSなのか

まみタソ @hatihachi8

ほんとこれ! この間も、これがやだー、とかっていったら「そうなんだね」 とかじゃなく、違うことかぶせてきて、、、、。脳の作りが違うと思うしかないのかな。

GNUE(鵺) 🍁 @gnue

男の愚痴も聞いてもらいたいだけって結構あるよ。飲み屋で「会社辞めたい」って愚痴る男性のほとんどは実際に会社を辞めないw

倉田航仁郎@フリーフォトライター @cohzirow3

わかりみがすごい

渋谷悠 Yu Shibuya @yshibu97

とてもとても参考になる。

非実在人事のなべはるさん @nabeharuj

男女の違いでくくれないよなぁと思って読んでたら最後に言及してくれて、なんか嬉しかった。

sachie @sachiee

とーっても分かりやすい!彼氏彼女に限らず、友人・同僚でもあるよね。漫画にしていただいて「💡そうか!」と納得した。文字多いのに読みやすい♪

ハッピーおもちさん@趣味忙しい @2019omochisan

最後にちゃんと男性とか女性とか関係なくと買いてあるので、共感。 ツイッターはまさにカラオケだと思って欲しいね。

*⑅ めろこ ⑅* @lXl_MEROKO_lXl

よくカラオケしてるからそんな心配されると逆に焦る

緑のひらた@HRさーびす @denpei703

これはわかりみが深過ぎる。 お互い無駄な労力を使うケースが多いんだな。気をつけよう…

青田努 @AotaTsutomu

もう完全にうちの夫婦。昨夜もこういう感じだったから「こういうのを専門にしてくれる業者ないの?あー、でもグチ聞きみたいな建てつけにすると行かないのか。だから行きつけの飲食店の店員さんや占い師がいるのか」と着地した。妻の話を粛々と聞く…

ツイート主さんは「女性と男性にくくって話しをしたけど、実際は性別に関係なくどちらも居る」とも話されています。ただ、大きくみると女性と男性でこのタイプが多いようです。

私は女性ですが漫画を見ると納得する部分が多かったです。ただどちらかと言うと私の考えは男性的で、愚痴を聞かされると「こうすればいいんじゃない?」とアドバイスしがちだったのですが、相手は求めていなかったんですね。
これからは愚痴を多く言う人には「カラオケ感覚」で聞いて「一緒に考えてみよう」とする事は避けようと思いました。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード