発達障害やいろいろな精神疾患など、生活していく上で支障をきたす疾患にかかっている人は多くいます。
そんなストレスの多い世の中なので、多数の共感を得ているのかもしれないですね。

仕事やさまざまな作業を「できる」か「できない」かに分けてしまいがちですが、その間に「できるけど疲れる」というのが存在します。それが番組で放送され」、注目されています。

もちろんのその「疲れる」というのも、仕事したら疲れるでしょという声もありますし、実感してみないとなかなかわかることは難しいかもしれないですが。

できるのになんでやらないのという声が一番つらいという声もあがっています。本人も痛いほどわかっているはずです。好きで疲れたりしているわけではないでしょう。

見た目ではわからない障害は、いろいろと考えさせられます。
私自身発達障害ではないですが、そういう精神疾患にかかっていた時期もありました。

思っている以上に疲弊します。
発達障害や精神疾患の理解が深まるといいですね。