テープを貼る方が良いと言う方もいらっしゃいますし、場合によってはいらないと言う方もいらっしゃいます。

ガラスが持つ強度が高い場合、テープは必要ないのかもしれません。
もしなんらかの対策を講じるのなら、ガラスに直接なにかを接着させるのは危険なので、ガラス枠と同じサイズのダンボールなどを設置することが望ましいです。

割れた窓ガラスの飛散防止には上記の方法が有効ですし、テープを貼ったところで強度が上がる事はないようです。

どの情報が自分に大事なのか、取捨選択して最善を尽くしましょう。