普通なら書店の壁に落書きするのはもってのほかでもしやってしまったら店員さんに怒られることになります。
しかしそれが名探偵コナンの作者である青山剛昌先生だったら別で落書きではなくアートとしてずっと残しておきたくなりますねw

まさかご本人がコナンのキャラを壁に描いてくれるとは予想外のことが起きていますが貴重な姿ですね。
これを見に行くために書店を訪れるといった人が出てきそうですし、生で見たくなってしまいますねw