掘り方には「筋彫り(ライン)」「色塗り(カラー)」「ぼかし(シェディング)」「手彫り」などあるようでそれぞれ痛みの感じ方やデザインも変わってくる模様。

シャーペンの芯や切れ味の悪い刃物で削られたような痛みやヤスリでゴシゴシされたような痛み、火傷跡をゴシゴシされたような痛みなど想像しただけで激痛なことがわかります。

掘る場所によっても痛みは変わってくるらしく、背中や腕の外と比べると肘や膝などがみた身が強いとのことでした。

入れる勇気がある方はどうぞ。