「服」だけで「はっとり」と呼ぶのは初めて知りました!
読まない部分があるなんて驚きですね。

他にも「伊達」や「和泉」も同じらしいです。
「伊」は読まずに「達」だけで「だて」と読んでいます。
同じく「和」は読まずに「泉」で「いずみ」と読ませています。

言われてみれば、確かに1文字だけでも良かったような気がしてきますね。
歴史的背景からムリヤリ2文字にしたという説があるようです。

親しみのあるものの知らなかった一面を見つけると面白いですね!