2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた、原作大場つぐみ、作画小畑健による漫画『DEATH NOTE(デスノート)』。紙面に人間の名前を書くと死ぬデスノートを手に入れた主人公夜神月(ヤガミライト)と警察サイドの攻防を描いた作品となっています。この主人公の苗字であるYAGAMI(夜神)を逆さから読むと、IMAGAY(アイムアゲイ)=「私ゲイだ」となることから、夜神月がゲイであると解析しているものが注目されていたようでした。

作中での行動や心理描写からの考察でもなく、名前を逆さから読んだことによるものとは、驚きの着眼点でしたね。