相手は気にしないことでも自分からするとイラッとするといったことがあり、気付いたら怒ってしまっていたということがあります。
相手と言い合いにならないためにも自分で対応する必要があり、一見するとこの本は役に立ちそうです。
しかし中身を見るとイジメに繋がる可能性が書かれており、危険な本かもしれませんね。

誰かを標的にしてイジメてみるといった一文を見ると恐ろしさすら感じてしまいます。
自分のイライラを他人にぶつけるような気がしてよくないように思えますね。