寄居町の林道馬騎ノ内線のものらしいのですが、自然の力というのか、とてもすごい光景を見せて頂いた感じです。
完全に飲み込もうとしている寸前。ということは昔から立っている木々たちはもしかしたら、こんな風に色んなものを飲み込んで生きてきているのかもしれません。そう考えると、自然の力強さや、絶対に自然にはかなわないんだ、とそういわれているようにも思います。
今度また10年後行ったときは、完全に入っているかもしれませんね!!