普段、駅の壁や床、天井なんてまったく意識しませんよね。

それなのに人々の意識の外にあるものをチョコレートにしようなんて、普通では思い浮かばない発想です。

それを実現させてしまうのが、おかし作りのプロである三枝俊介シェフのすごいところなのでしょう。

「浅草駅のホームの床」というチョコレートがありますが、それを手に取ったところで「これこれ!」なんて見覚えを感じることもなさそうです。

駅が大好きな人ならどの駅のどの部分がチョコレートになったのかわかるのか、気になりますね。