“や”を左にフリックすると始まりのカッコ、右にフリックすると閉じるカッコが入力できるのです。これを知ると、文章を入力するときにかなり捗ります。

iPhoneの文字入力の裏ワザは、他にもいろいろあります。大文字を連続して入力したいとき、キーボードの矢印を2回続けてタップすると、大文字固定になり入力が簡単になります。

調べるといろいろ出てくるので、いくつか身に付けると、文字入力が早くなって便利ですよね。

去年知った役に立つ知識って何でしたか?