こちらは「はだしのゲン」で太平洋戦争下の政策について描いたページの台詞コラです。軍に徴兵される若者と同じく無料で激務の大会ボランティアに協力することを求められ、戦車や戦闘機を作る為に一般家庭から鉄を徴収する代わりにメダルの材料になる金銀銅を要求、日本の気候では無意味なサマータイムの導入によって睡眠時間が削られてみんなイライラすることもネタにされていますね。

こうしてみると本当に戦時中の日本みたいですね。しかも一般の人が最も負担を強いられています。思わず「平和の祭典」って何だっけ?と考えてしまうコラですね。