『すき家』といえば大手牛丼チェーン店で、深夜営業を一人で回す過酷なワンオペが話題になりましたよね。ブラック企業の代名詞と呼ばれる程の会社で赤字でしたが、世間で大バッシングされた結果、近年では労働環境や賃金を改善したことでようやく黒字に持ち直したそうです。
「まぐろたたき丼」ですが、マグロをほぐして提供することを徹底させるのではなく、宣材写真をフリスビーの形のまま載せるという荒業に出た様です。画像はすき家のホームページにも載っており、他のメニューは綺麗に飾りつ行けた写真なのですが、まぐろたたき丼だけ超現実的な写真で対比が面白いことになっています。

普通はネタをほぐして提供する様に店員に指導しますよね。根本的な多忙さの問題を解消できていないのを暴露している様なものなのですが大丈夫なんですかね?