人間の子どもたちが通う学校に、同じように通学をしているキツネくん。ある日、キツネくんがくしゃみをしていることを心配した担任の先生は、思い切って家庭訪問を行うことにしました。キツネくんの家は小さな洞穴のような場所で、家族が居る様子もありませんでした。その場で熱によって倒れてしまったキツネくんを先生は自宅へと招き、同居生活の提案を持ち掛けるといったお話となっていたようでした。

小さな体で一人ぼっちで暮らすキツネくんを見て、たまらなくなった担任の先生の気持ちが分かるようなお話でしたね。