アニメや漫画、ゲームなどに登場するキャラクターや作品が好きで、グッズなどを購入したことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回話題となっていたのは、車体にこれらのキャラクターやメーカーのロゴなどのステッカーを貼ったり、塗装などで装飾した自動車のイメージである「痛車」が、ついに立体的な造形を用いてきたことから、驚きの声と共に注目が集まっていたようでした。

ステッカーや塗装などでかたどられた一般的な痛車も凄いですが、立体的になることでより目を引く車体へと進化していましたね。