誇り高く、美しさに自信を持つ女性は自分の美学のため、髪の手入れも自身で行うことができるものの、「しもべ」が行うこともやぶさかではないと感じています。また、美食家であることから、本当に美味しいと感じる食べ物だけを食べたいと感じ、気分屋ゆえに触れられたくない時以外の接触には断じて応じません。しかし、寂しくなると「しもべ」にすり寄ってしまうその女性の正体は、「しもべ」という名の飼い主に飼われているネコだったようです。

冒頭に描かれている女性の発言や、仕草などを読み返してみるとネコだということがよく分かるお話となっていましたね。