漫画の読者も絵が好きで読んでいる人もいればストーリーが好きで読んでいる人もいます。
しかし漫画家の方は絵もある程度のクオリティを求められることがあり、それで連載に至らないといったことがあるみたいです。
週刊少年ジャンプで連載されていた「ボボボーボ・ボーボボ」は絵はダメ出しされたみたいですがギャグが面白く掲載されたみたいですねw

絵がダメだといっていた編集部も回し読みするぐらい面白いものだったみたいですね。
作者の澤井先生も自信があってこういったことを言ったのでしょうね。