長く続く大雨と暴風の影響で、土砂崩れや避難勧告、河川の氾濫、それに伴い公共交通機関の運休など多くの影響が続々と出ています。そんななか、兵庫県と大阪府での判断の差がすごい!!とネットで話題になっています。

大雨警報では学校休校の規定がないため、各学校にその判断を委ねた結果。。大阪府ではなんと休校との決断をした学校は0校!!これほどの被害をもたらす悪天候のなかこの決断というのは、さすが大阪ですね!!自己判断で欠席した方も多いかと思いますが、どうか被害が広がらなければいいですね。