自動車の運転免許は18歳から取得することができ、年齢が上がるにつれて運転歴も長くなってきます。
そのため自動車の運転に自信を持っている人が多く、年齢が上がるほどその自信が出てくるのかもしれません。
それによって高齢者になるほど事故を回避する自信があるのかもしれませんね。

事故を回避する自信があるからといって必ずしも事故を起こさないわけではありません。
60代後半から75歳以上ほど自動車の運転にも気を付けないといけませんね。