普通だとなかなかこんな構図にはならないので、
全日本選手権のこのシーンを見ていた方はその違和感に気づいた方もいらっしゃるかもしれませんね。

隣の井上康生さんと比較してもかなり顔の大きさが目立ちます。
計算すると、井上康生さんの2.5倍くらいありますよ、という声や、
「篠原さんが遠近法をガン無視というよりも、
遠近法が篠原さんを無視している気がする」との声もありました。

「遠近法とは何か?」を考えさせられる画像になりましたが、
篠原さんの今後の益々のご活躍を期待しています。