週刊少年ジャンプの長寿連載作品だった『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の作中にて、主人公の両津勘吉があるファッションカタログに掲載されている60万円のジャンパーや500万円などのコートに対して、その価値の理解に苦しんでいたところ、後輩の中川が、両津が好きな車に例えてその価値を説明すると、先ほどまで洋服の価値などが分からなかった両津がすんなりと理解することが出来たというものだったようです。

自分のモノサシで他人の趣味や好きなものを計ってしまいそうな時、『こち亀』のこの場面のように自分の好きなものに置き換えて、相手の考えに寄り添うことが出来ればいいですね。