大阪府枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」は、京阪レジャーサービスが運営しており、1910年開園の現存する日本最古の遊園地としても知られています。現在このひらかパークでは、「どこいくねん ひらぱー。」という企画を開催しており、園内での応募者の中から抽選で400名に当たる「渋谷ジャック下じき」を持って、東京渋谷の特定の場所へ行き下じきをかざすと、渋谷の街の看板が全てひらかたパークになるというものだったようです。

大がかりな仕掛けや予算が掛かっているものではありませんが、意表を突いたアイデアで話題となるとは、さすがですね。