わたし自身、同じ経験をしたことがあるので作者の方の気持ちがよくわかるこちらのマンガ。痴漢にあったというと、心配してくれる人も多いですが隙があったからだとか、そんな時間に外出していたから、とから心無い言葉を口にする人も。より心にダメージを受けますよね。多くの人に読んでほしい、痴漢のダメージの大きさがよくわかるマンガがこちらです。

痴漢にあった瞬間は咄嗟のことで何が起こったかわからず、反応できないことが多いですよね。でも落ち着いて考えるとじわじわと怒りとともに恐怖がどんどんと湧いてきて、それは日常生活に支障がでることも。たった一度の経験が大きなダメージを与えるんです。