『名探偵コナン』の原作者でもある青山剛昌氏が原案をつとめ、かんばまゆこ氏が作画等を担当する、公式パロディ漫画『犯人の犯沢さん』。『名探偵コナン』でおなじみの、全身黒タイツのようなビジュアルの犯人を主人公とし、犯罪都市であり、世界トップレベルの事件数が発生する米花町にやってきた主人公を中心とした物語となっています。主人公の半沢さんが、この町で原作でも登場する阿笠博士と出会った際の会話が、どう見ても犯沢さんよりも阿笠博士のほうが怪しい人に見えるということで話題となっていたようです。

人気漫画作品の、しかも公式のパロディ漫画が存在するなんてとても面白いですね。原作を知っている人であれば、楽しめるような物語となっていそうですね。