少女のころから老婦人を知っている魔法使いは、老婦人が昔つけていたリボンを今なぜつけないかを疑問に思います。リボンといえば、幼い子どもや少女時代に多用するアイテムで、大人になってから使用することは少なくなっていきます。そのことを魔法使いに説明すると、魔法使いは新たなリボンを老婦人にプレゼントしました。魔法使いにとって、人間の年齢など関係なく、老婦人にとって永遠の少女で居させてくれる存在だったようです。

女性にとっていつまでも若い心を思い出させてくれ、その頃と変わらない関係を築くことが出来る相手がいるというのは素敵なことですね。