6年前の3月11日、テレビに映し出されていたのは、波が押し寄せ、見る見るうちに仙台空港が沈んでいった情景で、今も忘れられずにいます。

遠くにいる者にとって、今起こっていることを正確に教えてくれるのは、テレビというメディアが一番だと思いますが、あちこちに散らばった心を一つにしてくれるのも、テレビなのではないでしょうか。

この番組欄に込められた『東北がんばれ心つなげ』のメッセージは、被災された皆さんにだけ宛てられたのではなく、すべての方に『他人事と思わず親身になって応援していこう』と言う気持ちが込められているのではないでしょうか。

徐々に復興しているとはいえ、いまだに行方不明の家族がいらっしゃる方や仮設住宅で頑張っていらっしゃる方など、まだまだ厳しい状況のようです。

風化しそうな気持ちを改めて一つにし、これからも応援していかなければいけないと感じました。