子供のころは物の価値がわからずキラキラしたものは何か価値があるのではないかと思うことがあります。
同じものであってもそれだけが特別な色をしている場合があり、特別なものに思えてしまうといったことがあります。
子供のうちであったり、大人になってからであったり実は特別なものではないと気付くのはあるあるですねw

大人になってから考えるとなぜこれを拾ったのかと思いますが子供のころはすごいものに思えることはありますね。
これは多くの人が経験したことではないでしょうか。