話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

『孤独のグルメ』で有名な漫画家、谷口ジローの名作『歩く人』が初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全版として登場!

NHKTVドラマ化原作が完全版で登場しました。フランス文化勲章シュヴァリエ受章し、「孤独のグルメ」原作者として有名である、漫画家・谷口ジロー氏が、世界に「発見」されることになった名作が、初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全版として登場します。本作は2020年4月~2021年3月まで、NHK BS4K8Kにて初のテレビドラマ化がなされ、現在も大好評放送中です。

谷口ジロー

谷口ジローコレクション【公式】のアイコン
谷口ジローコレクション【...
@inu_wo_kau

テレビ東京『新美の巨人たち』で特集された、『孤独のグルメ』の谷口ジローが描いた、真夏の暑すぎる日によしずを買って帰るだけのセリフのない漫画 (1/2)

『孤独のグルメ』で有名な漫画家、谷口ジローの名作『歩く人』が初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全版として登場!

『孤独のグルメ』で有名な漫画家、谷口ジローの名作『歩く人』が初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全版として登場!

『孤独のグルメ』で有名な漫画家、谷口ジローの名作『歩く人』が初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全版として登場!

『孤独のグルメ』で有名な漫画家、谷口ジローの名作『歩く人』が初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全版として登場!

歩く人への反応

蒼崎テト/DQ10ケイアス@ナイセン団🌟12/15ワクチン3回目受けます @AozakiTetoDQ10

なんだろう… セリフや音の文字はひとつも無いのに、絵の表現だけで本当に蒸し暑かったんだと分かり、最後に最高に涼んでるって分かる… この漫画ってホント凄い

バッカス(常飲議員) @masasif0083

達成感…………‼️

Enakaludo @enakarudo

たしか、プールに無断侵入する人だったかな?

ライオット @Z8bBf91Kx58T1vU

セリフ無しでここまで描写を描き出せるのが谷口ジロー氏なのだろうな…。 そして街の描き込みがいつも通り細かい!!

ごんじゅう @tree_enu

100年後くらいに当時の日本を描写した貴重な資料になってそう。

Nepentha.D.Roger @nepentha

集団ストーカー人権侵害企業。無視して監視し仄めかし嫌がらせ。 在日スパイ企業

INVISIBLE DOJO @mdojo1

【重要】BSテレ東で、来週25日再放送!! 毎週土曜日 夜11時30分~12時 『新美の巨人たち』12/25 谷口ジロー「歩くひと」 東京/世田谷

となさ @tonasa_1073

見る人の共感を引き出せたら、もうセリフはいらないんだ!✨ 引き出せたら、あとは見る側の価値観や経験が勝手にセリフや環境音を入れてくれる。 それを絵だけでやってるのはやっぱりすごい! これは芸術ですね🤔

流夏(-RUKA-) @5310gz

昨日、テレビで拝見しました! 本当に簡単な言葉で申し訳ないですが…凄い…プロって 本当に凄いな…という 私は、孤独のグルメをドラマで拝見してから谷口さんの事を知ったんですが… 昨日紹介された漫画… 読んでみたいなって本当に思いました。

磯風とユキカゼ @isokaze89

すごい……一切無言、一切無音なのに音が「見える」……

鳥を見た @jmyqy196

私も十五年ほど前、同じ事しました。 暑くてしんどかった。その後は配達してもらったり、店の軽トラ借りて運んだりしています(笑)。

TS @lOmUtt

美しい…

御立派様 @Mr_GORIPPA

すげぇなぁ、ただのおっさんが汗かいて買い物してるだけなのに美しい。

日々イさん🧀🦝課金リセット @ADHDASD11

なに、これ…大好き…。

妖怪を、溶解!w @Ruunko_DESU

この漫画シリーズ好き

猫=リュック・ポンティ @nasitaro

これが漫画で成立してるのがもう別次元だよなぁ。

セッポン。 @sepponbakari

『歩くひと 完全版』これは漫画ではなく画集。素晴らしかった。

あの人気グルメ漫画『孤独のグルメ』原作者である、「谷口ジロー」氏が世界に「発見」されることになったあの名作が、初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全版として登場することとなりました!

この作品は、「ちょっと歩いてくるよ」そう言い残して家を出た主人公が見知らぬ道に迷い込み、昼寝をしたり、木登りをしたり、時には裸足で歩いたりしながら、ささやかな冒険を楽しむ漫画。原作は、少ないセリフや緻密なコマ割りで独特な世界観を持つ、谷口ジロー氏の漫画である、『歩く人』です。

発表から約30年を経ても褪せることのない、美しい漫画表現をぜひ、手に取ってお楽しみください。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード