話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

アルゼンチンのブエノスアイレスで、野生のカピバラが住宅街を荒らしてしまう・・・

アルゼンチンのブエノスアイレス郊外で、野生のカピバラが街を荒らしてるという投稿。芝生やゴミを荒らしたり、ペットにまで被害が出ているそうで、住民は非常に困っていると言います。カピバラは今や動物園の人気者ですが、野生化すると害獣になってしまうようです。

ブエノスアイレス

ライブドアニュースのアイコン
ライブドアニュース
@livedoornews

【悠々】アルゼンチン中部の住宅街、あちらこちらにカピバラ


ごみを荒らしたり、ペットに危害を加えたり、かわいらしい姿とは裏腹にわが物顔で住み着くカピバラたち。住民は「もはや友好的な共存関係ではなくなった」と複雑な心境だという。

アルゼンチンのブエノスアイレスで、野生のカピバラが住宅街を荒らしてしまう・・・

アルゼンチンへの反応

本来野生動物と人間は違う世界で暮らしていますが、ひとたび動物が人間の世界に入ると害獣になってしまいます。中には奈良のシカのような共生している場合もありますが。

動物園で暮らす動物たちは、動物園という管理された中で暮らしているので安心してふれあえたりできますが、野生化するとそうはいかないと思います。

ブエノスアイレスのカピバラは、開発によって住処を奪われたのではないかと言われているそうなので、今後何らかの対処は必要になってくるでしょう。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード