普段はプリントなどに書かれている文章はゴシック体や明朝体で書かれていますがそれほど意識はしていないと思います。
しかしどちらを使うかによってみやすさなども変わってきて、うまく使い分けることによって受け取り側の印象も変わってきますね。

ゴシック体は一瞬で読むときに強く、明朝体は長文を読むときに強いなどそれぞれで特徴があります。
それぞれの書体の強みだけでなく弱みを知っておくことでうまく使い分けができるようになるかもしれませんね!