吉田沙保里は最強過ぎて触れることすらできない存在になってしまいました。触れるどころか近づくのも危ないです。下手をすれば近づいただけでもオーラ的ななにかで吹き飛ばされてしまいます。まさに触らぬ神に祟り無しです。

「死にてえのか?」というセリフは「私に触れると死んでしまうからさわらない方がいい。」的な感じの意味なのでしょう。吉田沙保里の慈悲心から来る警告だったようです。慈悲深さも霊長類最強ですね。