冬になるとよく猫バンバンをする人がいらっしゃると思います。
私も信じきっていたのですが、猫バンバンをすると怖がりの猫だと逆に出てこれず、ファンに巻き込まれて無茶苦茶になって死んでしまう可能性が高いようです。

ボンネットを開けて確認してみる方が良いと言う方や、猫がいると匂いや音でわかると言う方もいます。
しかし、見つけても奥に逃げられてしまったらどうしようもない構造の車もあるようです。
確かにどの場合も、逃げ込んでしまって出てこないとなると、手のうちようがありません。

しかも、猫バンバンを必要とする時は寒い日の朝など急いでいる時も多いかと思います。
そんな時にボンネットを開ける余裕があるかどうか…。

全てが難しく「じゃあどうしろと」と思うかもしれませんが、猫バンバンだけが全てではないことを知っていて欲しいです!