幼い頃に苦手な食べ物を鼻をつまんで無理矢理食べて克服した事や
風邪で鼻が詰まっている時に食事をしてもあまり味が分からなかったという経験はありませんか?

実は、臭覚とは味覚に大きく影響するものなのです。

この漫画の作者の方は、「臭覚鈍麻」で強い匂いでないと感じる事ができません。
しかし、ある時薬の副作用で人並みの臭覚を手に入れる事ができたとき、
今まであまり美味しいと感じる事ができなかったものが
まるで別物のように美味しいと感動する事ができたという実体験が語られています。

臭覚の重要性がよく分かりますね。