三分間を与えなければ、ムスカはラピュタを征していたのではないかと考えたことはありませんか?
バルスを唱えられたのは、ムスカが三分間待ってくれたおかげとも考えられますよね。

ですが、ムスカのもっていた銃には弾が1発しか入っていなかったようです。
1発だけで大丈夫だと慢心せずに、きちんと装填するムスカの慎重な性格が出ていますね。

しかし、設定集に描かれていたのかも知れませんが、ムスカの銃を知っていることがすごいですよね。