童謡は、戦時中に作られている場合が多いからか、一見明るい歌のように見えて怖い部分を兼ね備えていることがあります。
「一年生になったら」も、サスペンス要素を含んでいるのでは?と思われている童謡の1つです。

考えてみれば、100人友達を作ったのに、100人しかおにぎりを食べていないのはおかしいですよね。

「友達が一人死んでその死体を食べている説」「自分を数え忘れている説」「一人だけ友達になれていない説」など、様々な推論が飛び交っています。