映画が上映された頃幼かったと言う人も多いと思いますその頃は怖いキャラクターというイメージがあったのではないでしょうか、大人になってから改めて見てみると仕事に対してとても真面目で上司として人物ではないでしょうか?

「お客様の前で失礼だよ!」「このロープをお使い!」「みんなも千を見習いな!」「お客様とて許せぬ!」などといったセリフからサービス精神や状況を即座に判断し適切な処理をする能力、部下を褒める、自らがお客様対応するなど湯婆婆は仕事のできる理想的な上司と言えるのではないでしょうか。