AIは優秀というイメージがありますが、まさか最弱のAIを開発するとはある意味天才の発想です。

どうやってもAIが負けてしまうので、勝ってしまうとなんだか悔しい思いがしてしまいますね。

このオセロAIに負けられるのは、とても先読みのできるオセロが強い人しかいないかもしれません。

負けるために戦うとは不思議ですが、あえて挑戦したくなる高い壁ですね。

見事AIに負けることができた人はぜひ自慢してほしいです。

新しいオセロの楽しみ方を見つけた気分になれますね。