野球に使われているロージンは滑り止めとなっており、主にピッチャーがピッチング前にロージンを指に付けてからボールを投げます。
ただバナナマンの日村さんの場合、顔にロージンを付けたことによってその粉が宙に舞っています。
その結果まるで身体からオーラのようなものが漂っていて強者のように見えますねw

もちろんプロ野球選手はこのようなことはしませんが日村さんは盛り上げようとしてやったみたいです。
偶然の産物ではありますがすごい光景がグラウンド上で展開されましたねw